日常の事

まじめな話

「勉強が目的ちゃう。勉強は手段やで!」

 

誰もがそんな名言を聞いて、ハッ!としたことあるはず。

 

最近の私は、うたうこと、それに付随する集客が目的になっていたことに気づいた。

 

万人に受け入れられるにはどうすればよいか、宣伝をどうすればよいか、そんなことばかり考えて一喜一憂していた。

 

「うたが目的ではない。うたは手段!」

 

ハッ!

 

そもそも誰しもが幸福になりたくてやっとるわけで、

いつのまにか、それ(手段)に縛られて、見失っていく。

 

 

幸福は人それぞれやから、それを探す、見つけるのは本人しかできまい。

 

そんな折に、大好きなやましたひでこさんの著書(俯瞰力)にこんな言葉が引用されていた。

 

「幸福とは、縁ある人々との人間関係を噛み締めて、それを深く味わうところに生じる感謝の念に他なるまい」(森 信三)

 

しみるわ。

 

色々と。

 

目まぐるしく情報が行き交い変化するこの時代に、自分の感性を信じる贅沢は他にない。地に足をつけていこう。