日常の事

いつか

「辛い知らせがある」と友人からメールが来て、ピンときた。

 

学生時代によく笑い合った友人が昨夜亡くなった。

 

乳がんで摘出手術をしたことを明るく電話で話していたのが数年前。

 

名古屋に住む彼女に今年こそはライブがてら会いにいこう、なんて、気楽に考えていた。

 

小さい子ども達を残して逝ってしまったな。

 

生と死の間で何を感じながら過ごしていたのか。

 

もっと話がしたかった。

 

いつかそのうちに、か。

 

じわじわとやって来る。

 

ありがとう。

 

ありがとう。

 

青春時代に、あんたに会えて本当に良かった。

 

濃い人生を駆け抜けていったね。

 

美人薄命。

 

ほんまなんやな。

 

こんなこと言ったらすぐに冗談返してくるような子やった。

 

 

会いにいくよ。

 

いつか、が、こんな日になるとは思わなかった。