日常の事

糸杉

ゴッホ展、行ってきました。

 

コロナ対策で、一旦閉館からの再オープンだったからか、結構な賑わいだった。

 

絵は良く分からないと思ったけど、

 

すごい気迫!命をかけて描いてる、そんな感じ。

 

 

芸術とは、

 

真理を探し、形にすること

 

なのでしょうか。

 

自問自答しながら書き上げた作品が、後世にこれだけ沢山の人を魅力してやまないのは

 

その飽くなき探究心と熱量。

 

清志郎さんが好きな画家さんということで観に行ったわけですが、なるほどなぁ、と腑に落ちました。

 

そこにあるものを細部まで見て感じて、味わい尽くす、自分のものとして受け入れ表現する。

 

伝わるかなぁ。

 

言葉というのは一人歩きするものでして、ご自身の五感で感じるのが一番かも。観に行かれることをオススメします。

 

↓嫌がる休校中の息子を連れて行き、嫌がる息子に写真を撮らせてハニカム母の図。