未分類

団地妻に憧れたのは過去のこと

団地、という映画を観た。

阪本順治監督、藤山直美主演、団地の話でありながらSFで締め括られる、なんとも飽きの来ない内容だった。

主婦の噂話や、パワーバランス、生きてれば感じるあれやこれがぎゅーっと詰まっていた。それぞれが持つやりきれなさが、ちょうどよく沁みた。

この作品中で一番響いたのが、

「心臓が電気も使わず動いていることが説明できますか?説明できない体で不思議に任せて生きている、この世の方がよっぽど奇跡です。死んでいる方がよっぽど普通の状態です。」

みたいなことを言っていたシーン。

死んでいてあの世にいるのがスタンダードで、今の私は奇跡の中か!と思うと、なんかしっくりきたのだ。

 

生きていれば誰もがやりきれないことってある。どうにもならなくて、受け入れるしかなくて、折り合いをつけようと苦しみ続けたり。

でも、そんなものすら奇跡なんかもしれへんなぁ。

 

まさかの展開なのに感動しました。こんな作品どうやったら思いつくんやろ。すごいわ。Amazonプライムで無料でみれますよ。土日にいいかも。ではではよい週末を!

 

 

次回は今年最後のライブです!

ナッシュビルウエストへ!

お待ちしてます