未分類

いわい、エンディングを考える

寒い!

やっと冬が来た!

 

12月ならこれくらい寒くないとね。暖冬はなんだか不安になります。色々と。ねぇ。

 

さてさて、先日、実はワタクシはエンディングノートの書き方講座を受けるため葬儀屋さんに行ってきました。まぁ、色々思うこともありまして、ね。あるんです。あるんですよ。お察しください。

 

そこで聞いた話なのですが、

 

葬儀数がこの時期にしては少ない、と。コロナで出歩かないから怪我が少ない、事故死も少ない。手洗いうがいでインフルエンザ感染も減っているそうです。数だけで良し悪しは決められないけど、コロナ効果もあるもんですね。

そして、日本の女性の平均寿命は世界第2位!慎重にいけばまだまだ伸びそうです。

 

ならば、エンディングノート、まだ早いかなぁ

いや、いつなんどき、こればっかりは分からんからなぁ…

 

改めてエンディングノートって、何を書きます??何を残します??

 

私は母の死からずっと考えてました。家族や友人に本当に知っておいて欲しいこと、大切に残してほしいもの、伝えておきたいこと…

 

まがいなりにずっとやってきた音楽。これしかないよなぁ。でも、まだまだ伝えたい歌を作れてないやん。ちゃんとせな。って。ぐるぐると。

 

寿命は伸びたとて、ほんとに人の命なんて分からんから、来年は遺作作りに精を出そうと思ってます。遺作はその後、パート2、パート3と続く予定ですので心配御無用。元気です。

 

ちゃんと生きるために、終わりも意識しておくのさ。

 

 

今日もあなたが必要。あなたよあなたであれ。ありがとう。